クレジットカードの利用で手数料を加算されていた場合

クレジットカードを利用したときに、その店舗から手数料相当額を加算されることが、ごくたまにですが見られます。これは法律違反といったものではありませんが、クレジットカード会社とけ名店との間で取り交わされた契約に違反しています。


<なぜ加盟店規約違反となるのか>

クレジットカードの加盟店は、3%から7%程度の手数料をクレジットカード会社に支払います。この手数料負担の一部もしくは全額をお客側に負担させている店があります。これは「現金客」と「カード払いの客」と差別している行為です。この差別を行ってはいけないというのが、加盟店規約にはあります。店舗にしてみれば、カードが使えるという便宜があるために、お客が増えているということもあるでしょう。この有益性を無視してそのようなことをするのは、あるまじき行為です。その場で店舗側に「おかしい」ということを申し入れましょう。しかし人と一緒だったりすれば、その場で言うのが難しいこともあります。そのようば場合には、あとからカード会社の方に話をしましょう。何らかの対応は行ってくれるはずです。もし対応をしないのであれば、「このカード会社との付き合いはやめる」という理由にもなるでしょう。激安店などがクレジットカード払いが負荷となっているのケースが多いのは、この加盟店が支払うべき手数料を商品の価格に反映させたのでは激安が実現できないといったことがあるからです。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.